転職活動の年収交渉のタイミングはいつ?年収アップの方法も紹介

転職

「転職活動で、どのタイミングで年収交渉すればいいかわからない」
「年収交渉を成功させたい」

こんな悩みはありませんか?

希望年収は決まっているものの、「どのタイミングで切り出せばいいかわからない」という方も多いと思います

そこで本記事では、以下の内容について解説していきます。

  • 年収交渉のタイミング
  • 転職活動で年収交渉する際の注意点
  • 転職で年収アップ・年収交渉を成功させる方法

転職活動の年収交渉についてお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

転職における年収交渉のタイミングは2つ

転職における年収交渉のタイミングは2つ

年収交渉のタイミングは、以下の2つです。

  1. 「内定前」の面接時
    ⇒「最後の質問」や「希望年収」を聞かれたタイミング
  2. 「内定後」の内定承諾前

基本的には①の「内定前」がよいとされています。

内定が出るときには企業側があなたの年収(予算)を決めているため、内定後の交渉は通りにくくなるからです。

内定後でも多少の金額なら成功する可能性はありますが、大幅な年収アップの交渉はむずかしいでしょう。

「どうしても面接中にうまく切り出せなかった」という場合は「内定後」に交渉する方法が有効です。

「内定後」に年収交渉をする場合は、採用担当者や人事の方へ年収交渉を行いましょう。

転職活動で年収交渉する際の注意点

転職活動で年収交渉する際の注意点

年収交渉がスムーズに進めば問題ないのですが、交渉のしかたによっては企業からの印象が悪くなる可能性があります。

年収交渉に失敗しないためにも、以下の注意点を知っておきましょう。

  1. 年収アップの根拠を示すこと
  2. 希望年収が企業・業界の水準と離れすぎていないか
  3. 未経験の職種は年収交渉しないほうがいい
  4. 年収交渉をした結果「不採用」になることもある

それぞれ、詳しく解説していきます。

注意点1.年収アップの根拠を示すこと

年収交渉をする際は、希望年収を伝えるだけでなく根拠も提示しましょう。

なぜなら、相手の企業はあなたのスキルや価値をわかっていないからです。

もしあなたが面接官だったとして、面接で初めて合った人から「もっと年収上げてほしい!」といわれても「なぜ?」と思うでしょう。

あくまで一例ですが、年収交渉をする際には以下のような根拠を提示すると成功しやすくなります。

「私には○○の経験があるので、即戦力として活躍できます」
「他の企業から年収○○円とのオファーがありました」 など
このように根拠も提示したほうが、相手も年収交渉に納得しやすくなるでしょう。

注意点2.希望年収が企業・業界の水準と離れすぎていないか

2つ目の注意点として「希望年収が業界の水準と離れすぎていないか?」にも注意しましょう。

多くの企業では予算が決まっているため、予算を超える年収を提示してしまうと企業は承諾できないからです。

たとえば、転職サイト「doda」の調査によると「IT/通信」業界の平均年収は446万円とされています。

極端な例ですが、平均年収446万円の業界へ転職する際に「年収1000万円ほしいです」と希望しても、交渉の成功は難しいです。

そのため、年収交渉する前には、企業や業界ごとの平均年収を事前に調べておくようにしましょう。

注意点3.未経験の職種の場合は交渉しないほうがいい

未経験の職種へ転職する場合は、年収交渉は避けたほうが無難です。

未経験の職種で働く場合は勉強することが多く、すぐには成果を出せないからです。

一般的にも未経験職への転職は、年収が下がるともいわれています。

無理に年収交渉をすると、企業から「自分の市場価値がわかっていない人」という悪いイメージを持たれてしまうので、注意しましょう。

注意点4.年収交渉をした結果「不採用」になることもある

少し厳しいですが、年収交渉のタイミングや方法を間違えると「不採用」につながるケースもあります。

企業にも予算があるので、あなたの希望年収と企業の予算が合わなければ不採用とするしかありません。

また、年収交渉にこだわりすぎてしまうと、転職先が決まらなくなる可能性もあります。

そのため、希望年収は「○○円~△△円」と幅を持たせて考えておくとよいでしょう。

転職で年収アップ・年収交渉を成功させたいなら転職エージェントがおすすめ

転職で年収アップ・年収交渉を成功させたいなら転職エージェントがおすすめ

ここまで「年収交渉のタイミング」や「注意点」について解説しました。

とはいえ、転職者ひとりでタイミングを計り、年収交渉を成功させるのはむずかしいです。

そこで、「転職エージェント」を利用する方法があります。

多くの転職エージェントは年収交渉を代行してくれるので、交渉成功率がグッと上がります。

ここでは、年収交渉に強い転職エージェントを2つご紹介します。

  1. パソナキャリア
  2. レバテックキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア
引用:パソナキャリア

パソナキャリアは、大手人材サービスのパソナグループが運営している転職エージェントです。

パソナキャリア利用者のうち、67.1%の人が年収アップを実現しています。

また、「オリコン顧客満足度第1位」という実績もあることから、利用者の満足度が高いことも特徴のひとつです。

そのため、以下のような方は、パソナキャリアの利用をおすすめします。

「転職で年収アップしたい」
「満足のいくサービスを受けたい」

レバテックキャリア

2つ目にご紹介するのは「レバテックキャリア」です。

レバテックキャリアは、IT・Web業界の求人に特化した転職エージェントです。

レバテックキャリアも年収交渉に定評があり、利用者の年収アップ率は60%です。

また、平均年収アップ額は50万円という実績もあります。

レバテックキャリアは「エンジニアとして転職して年収アップしたい」という方におすすめできます。

⇒レバテックキャリア公式サイト

まとめ

転職活動において、年収交渉をするタイミングは2つです。

  1. 「内定前」の面接時
  2. 「内定後」の承諾前

基本的には「内定前」に交渉したほうが、年収アップは成功しやすくなります。

しかし面接中にうまく切り出せなかった場合は、「内定後」に交渉する方法が有効です。

また、年収交渉に不安がある方は、転職エージェントを利用することで交渉成功率が上がります。

年収交渉に強い転職エージェントは、以下2つです。

  1. 顧客満足度が高い「パソナキャリア
  2. IT・Web業界に特化した「レバテックキャリア

本記事の内容を参考に、ぜひ年収交渉を成功させてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました